美容効果

コンドロイチンは安全性も期待

コンドロイチンの副作用
全身に好影響をもたらしてくれるコンドロイチンですが、全くの副作用がないという断言は出来ません。
ごくわずかなケースですが、腹痛や下痢、胸焼け、吐き気などの症状があらわれることもあります。
これらの症状がコンドロイチンの直接的な影響によるものかどうかは断定は出来ません。

その時の精神状態や食生活、生活習慣の乱れなどで体調を崩している場合、コンドロイチンを摂取することで、体が本来の状態に戻ろうとして一時的にショック症状のような状態になることもあり得るからです。
安全性の高いコンドロイチンではありますが、次のような場合には摂取を控えましょう。

・妊婦・授乳中
妊娠中の方や授乳中の女性は使用を避けた方が賢明です。

・手術後やケガの直後
コンドロイチンには抗血液凝固作用がありますので、出血時に血液が固まりにくくなる恐れがあります。

・喘息の持病がある場合
喘息の持病がある方は、症状を悪化させる危険性がありますので、摂取の際には医師の診断を仰ぎましょう。

・低年齢
コンドロイチンが必要となるのは、30代ぐらいからです。
若いうちからの摂取は必要ありません。
コンドロイチンは用法用量を守って正しく摂取しましょう。