美容効果

コンドロイチンがもたらす働き

コンドロイチンは、人間の体内で糖とアミノ酸が結合したグルコサミンが代謝することで生成されるムコ多糖の一種です。
コラーゲンとともに、骨や軟骨、皮膚、心臓弁、角膜などの結合組織を構成しています。

コンドロイチンの主な働き
コンドロイチンは、関節軟骨の約27~43%を占めて、クッションとなる水分や弾力性を保持する働きと、全身の関節が柔軟に動くための重要な働きをしています。

さらには、ひざの関節軟骨変性により発生する変形性膝関節症に有効に働きます。
水分保持や膝の関節軟骨を守り、関節の軟骨成分を生成し、軟骨のすり減りを予防する効果があります。

コンドロイチンとグルコサミンはセットで摂取
グルコサミンとコンドロイチンはお互いになくてはならない存在であり、どちらが欠けても体内で有効には働きません。
グルコサミンとコンドロイチンの同時摂取で本来の効果が期待出来るのです。

普段の食生活から摂取できる天然サプリメント
グルコサミンもコンドロイチンも、サプリメントなどで毎日欠かさず摂取するのが理想的ですが、普段の食生活でもこれらの成分を積極的に摂取出来るよう心掛けましょう。

・グルコサミンを含む食品
干し海老、山芋、オクラ、納豆、うなぎ、きのこ、イカ軟骨、フカヒレなど。

・コンドロイチンを含む食品
山芋、納豆、里芋、ヒラメ、うなぎ、オクラ、フカヒレ、なめこなど。

普段の食生活で健康は作られます。
積極的に取り入れていきましょう。