美容効果

コンドロイチンとグルコサミンを併用

加齢が引き起こす関節障害
年齢を重ねると、少しずつ関節と関節をつなぐ役割である軟骨がすり減り、やがて痛みを覚えるようになります。痛みが悪化すると歩行困難などを引き起こし、日常生活にも支障をきたすことになりかねません。
歩けなくなるということは足腰の筋肉が弱ることであり、若くして寝たきりになるなどの危険性もあり得るのです。

もろくなってしまった関節や軟骨を修復するには、修復に効果的な有効成分を摂取する必要があります。
それが、アメリカやヨーロッパで関節炎の治療薬として使われている「グルコサミン」です。
グルコサミンは、数多くの臨床実験において、コンドロイチンと一緒に摂ることによって、関節炎の予防や改善の効果が高まると明らかにされています。

グルコサミンはコンドロイチンなどのムコ多糖類を構成する成分です。
早めのグルコサミン・コンドロイチンケアを関節や軟骨のトラブルには早めの対処が有効です。
人間の体は、異変を感じてもはっきりとした症状があらわれないとなかなか対処しないことがあります。
しかし、症状があわられてしまってからではかなり進行している場合もあります。
出来れば早め早めにケアすることが大切です。

特に、コンドロイチンの補給は中高年を迎えた時点で始めましょう。
グルコサミンとともに補充することで、老化も食い止めることが出来るのです。