美容効果

コンドロイチンとヒアルロン酸の関連性

ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸とは多糖の一種で、体内の結合組織として肌のうるおいやハリを保ちます。
関節液の中にも多く含まれています。

ヒアルロン酸は体内の水分を保持出来る保水力に非常に優れています。
わずか1グラムで6リットルもの水分が保持出来るといわれます。

このようなことから、コンドロイチンと同じ保湿作用があるといわれています。
コラーゲンとヒアルロン酸、それぞれに優れた成分を持ち、どちらも体内の水分保持には非常に効果があります。
個別に摂取するよりも、同時に摂取することで飛躍的に効果が上がります。

コンドロイチンは水分保持以外にも関節軟骨の弾力強化、ヒアルロン酸とともに関節の動きを滑らかにする働きに優れています。
現在市販されているコンドロイチンのサプリメントにヒアルロン酸やグルコサミン、コラーゲンなどが配合されているものが多いのは、結合組織として働くコンドロイチンをより効果的に働かせるためのもので、確かな効果を得られる理想的な組み合わせといえるのです。

コンドロイチンもヒアルロン酸も加齢とともに減少します。
コンドロイチンが減少すると軟骨の弾力が失われ、骨同士すれ合って関節に炎症が起こりやすくなります。
早めの関節ケアが大切ですね。