美容効果

関節炎対策で注目されているコンドロイチン

関節軟骨を守るコンドロイチン
骨と関節を守ってくれる関節軟骨。
この関節軟骨を守っているのが「コンドロイチン」です。
コンドロイチンは生命維持のための重要な役割を担っており、関節軟骨に栄養分を供給したり、新しい関節軟骨の生成を促進します。
日々の生活においてコンドロイチンを摂取することは、関節軟骨を守り骨と関節を守ることにつながります。

コンドロイチンを含む食材
この成分は、牛や豚、鶏の軟骨や鶏の皮、ナマコ、ハモ、ドジョウ、ウナギ、フカヒレ、マグロの目玉、すっぽん、納豆、山芋、なめこ、根昆布などのヌルヌル、ネバネバ、ドロドロ、コリコリした食品に含まれます。
高齢になるとどうしても関節炎が起こりやすくなるため、高齢者にとってコンドロイチンは不可欠な成分です。

しかし、高齢者が普段の食事でコンドロイチンを摂取しようとすると、カロリーオーバーで逆に生活習慣病を発症してしまうリスクもあります。
このため、高齢者の場合は食品からのコンドロイチン摂取は適度な量にとどめ、サプリメントなどで補うことが理想的です。
コンドロイチンとグルコサミン、コラーゲン、ヒアルロン酸をバランスよく取り入れて、それぞれの持つ効果を最大限に発揮することで、最強の関節炎対策となるでしょう。