美容効果

コンドロイチンを利用して健康生活

コンドロイチンとは
コンドロイチンとは、およそ14年以上も前の1861年に牛の軟骨から発見された物質です。
発見されてからすぐに注目されたわけではなく、しばらくの間はその構造の複雑さから謎多き物質として敬遠されていました。

近年になってコンドロイチンが注目され、コンドロイチンの研究が発展し、生体内での機能が次々と明らかにされて、今日にあってはコンドロイチンは生命維持には必須の物質として認識されています。

世界一の健康長寿国日本
日本人の平均寿命は、男性が78.64歳、女性が85.59歳で年々、平均寿命が延びてきています。
健康と長寿が実現することは喜ばしいことですが、その一方で、生涯健康で生き生きと暮らせる高齢者が少ないのも現実です。
家族に見放され、介護施設で不自由な体で1人寂しく過ごすことは決して幸せな長生きとはいえません。

生涯現役で、家族に頼りにされながら、健康で天寿をまっとう出来るのが理想的ではないでしょうか。
そんな生涯現役をサポートするのが「コンドロイチン」です。
コンドロイチンは、高齢化社会の日本に革命を起こします。

高齢者は自らの意思で家族に負担をかけようとは思っていません。
体が思うように動くならば、いくらでも自立出来るのです。
高齢者の力強い味方となるのが「コンドロイチン」。コンドロイチンを活用して健康を手に入れましょう。