美容効果

コンドロイチンがグルコサミンの効果を上げる

グルコサミンの役割
グルコサミンは、人間の体の中に存在する大切な糖質成分であり、関節部分の関節液や軟骨、目、脳、皮膚などに多く含まれ、細胞と細胞をつなぐ重要な役割を持っています。
グルコサミンを摂取すると速やかに吸収されて血液にのって体内に運ばれ、肝臓、腎臓、関節軟骨を含む組織に分布していきます。

グルコサミンの働き
・変形性関節症や関節炎の予防改善
・関節軟骨の修復作用
・関節軟骨の保護作用
・美肌作用
・抗動脈硬化作用
・抗炎症作用
・血栓予防作用

コンドロイチンとグルコサミン
コンドロイチン硫酸とグルコサミンは、グリコサミノグリカンの構成成分となります。
グリコサミノグリカンは、関節軟骨や関節、関節液、皮膚、角膜などにあり、組織を柔軟にして水分を保持して潤わせる作用があります。
グルコサミンとコンドロイチン硫酸の2つを併せて摂ることで相乗的に作用します。

コンドロイチン硫酸とグルコサミンの組み合わせはまさに「王道」ともいえるもので、お互いになくてはならない存在なのです。
コンドロイチン硫酸はグルコサミンを、グルコサミンはコンドロイチン硫酸を助けながら、お互いの効果を高め合っています。
それぞれがなくてはならない存在なのです。