美容効果

コンドロイチンで大切な関節を守る

関節疾患が老化を早める
関節疾患の原因としては、長期に渡る関節への負荷や、加齢による関節軟骨組織の老化などがありますが、加齢による関節保護成分の減少も大きく関わっています。

関節を保護する成分は、本来は体内で生産されますが、加齢とともに生産量が減少してしまいます。
そのまま放置することで、関節組織や軟骨に十分な水分や栄養素が補充されず、劣化してしまいます。
ある程度の年齢を迎えたら、関節保護成分を十分に補う必要があります。

関節組織を守る関節保護成分とは
関節組織を守る保護成分として活躍するのが以下の成分です。
・コンドロイチン硫酸:ムコ多糖類の一種で結合組織を構成する成分。
ヒアルロン酸:ムコ多糖類の一種で抜群の保水力を持つ。

・グルコサミン:体内組織と細胞を結ぶ結合組織に含まれる。
・コラーゲン:繊維性のたんぱく質のひとつ。皮膚組織の約70%がコラーゲン。
カルシウム:骨を作る重要なミネラル。
・マンガン:骨や軟骨を生成するために必要な成分。

これらの成分すべてが揃うことで体内の機能は正常に保たれます。
普段の食生活などを見直しながら、これらの成分を食事やサプリメントなどでバランスよく摂取することを心掛けましょう。