美容効果

コンドロイチンはムコ多糖類の一種

コンドロイチンとは「糖」の一種です。
ムコ多糖体とは、アミノ糖を有する多糖の総称で、動物の細胞や組織、線維、器官の間をしっかりと結び付けて栄養補給の役目を果たしている結合組織と呼ばれる粘性物質です。
コンドロイチン硫酸は、この「ムコ多糖体」の重要な構成成分のひとつです。
コンドロイチン硫酸は、体内でたんぱく質と結び付き「コンドロムコタンパク」として主に皮膚や軟骨、血管壁、靭帯、関節、角膜、眼球、粘液などの各臓器に分布しています。

コンドロイチンの効能・効果
・肩こりの緩和
・眼精疲労の改善
・五十肩の緩和
・手術後の癒着防止
・食欲不振の改善
・頭重感の回復
・疲労回復
・自律神経失調症の改善
・神経痛の回復
・腎炎予防
・関節痛の緩和
・脱毛予防
・動脈硬化改善
・難聴回復
・ネフローゼ改善
・耳鳴り改善
・夜尿症改善
腰痛緩和
・リウマチ予防
・新生血管形成阻害
・炎症抑制
・解毒作用
・代謝機能改善
・抗動脈硬化作用
・老化防止
・膵臓のリパーゼ活性抑制
・高脂血症・肥満防止
など、コンドロイチンの効能・効果は全身に渡って好影響をもたらします。

コンドロイチンは高齢者の関節に有効なイメージが強いですが、女性にとって嬉しい美容と老化防止の効果にも優れており、是非積極的に摂取してほしい成分です。
コンドロイチンは体の老化を阻止します。
体の衰えが気になりだしたら、コンドロイチン摂取をおすすめします。