美容効果

軟骨とコンドロイチンの関連性

骨と関節にコンドロイチン
人間の関節軟骨は骨の先端を覆う組織で、骨と骨が直接すれ合うことなくスムーズに動かすための重要な役割を持っています。
この関節軟骨を守っているのが「コンドロイチン」です。

この成分は骨と関節を守る上で重要な役割を担う成分です。
この成分は全身に存在する成分ですが、特に関節軟骨に多く含まれています。
この成分は関節軟骨に栄養分を供給し、新しい関節軟骨の生成を促進します。

年齢とともに減少するコンドロイチン
コンドロイチンは、もともと私たちの体内に存在していますが、加齢とともに体内のコンドロイチンが減少し、コンドロイチン不足になります。
このため、中高年を迎えたら積極的にコンドロイチンを補う必要があるのです。

高齢者でも驚くほどアクティブに活動している方がおられます。
80歳だろうと90歳だろうと、まるで若い青年のような活発な動きを見せる方もいます。
このような方は、共通して関節軟骨が正常に保たれているのです。
軟骨にはコンドロイチンが不可欠です。

バランスの良い食事にコンドロイチンのサプリメントなどを取り入れていくつになっても走り回れるくらいの活動的な人生を送りたいものですよね。