美容効果

ネバネバしたものでコンドロイチンを快適摂取

コンドロイチンはサプリメントや健康食品でも簡単に補えますが、普段の食事からも補うことを心掛けるとさらに効果的です。
コンドロイチンは、納豆や山芋、オクラ、めかぶ、昆布などのネバネバしたものに多く含まれています。
昔ながらの朝食は、焼き海苔、納豆、味噌汁、焼き魚、漬物といったバランスの良い献立が当たり前でしたが、現代においても、この基本に沿って献立を考えると良いでしょう。

コンドロイチンを含む食材の基本は「ネバネバ」です。
納豆は毎日摂取するのが理想的ですが、納豆が苦手な方は、味噌汁をなめこ汁やめかぶ汁にする、とろろを積極的に使うなど、他の食材で毎日の献立の中に最低一品はネバネバ食材を取り入れましょう。
お正月料理の定番である「松前漬け」もネバネバを効率良く摂取出来ます。

これらの食品を食べる際には注意が必要です。
出来るだけネバネバを洗い流さずに調理することです。
ネバネバ食品は安価で買えるものの、たとえ毎日食卓に並べても、好き嫌いも多く継続することは困難です。そんな方にはサプリメントや健康食品で補うことをおすすめしますが、コンドロイチンを補う意味でも、ネバネバが好きな方は出来るだけ毎日の食事で積極的にネバネバ食材を取り入れるようにしましょう。