美容効果

熱中症とコンドロイチンの関連性

水分補給ではなく「水分保持
熱中症予防として、こまめな水分補給が必要であることはご存知のことと思います。
私たちは1日に約2.5リットルの水分を体内から失います。
約1,500mlの尿、約100mlの便、約900mlの呼吸や皮膚から失われる水分などです。

夏場は気温が上がり汗もかきやすいため、意識して水分の摂取を心掛ける必要があります。
摂取した水分を効率良く保水するためには、体内において水分を保持する機能が正常に働いている必要があります。
その役割を果たすのが「コンドロイチン」です。

コンドロイチンの熱中症対策
熱中症は、体の水分が失われることによって起こります。
コンドロイチンは血液がドロドロになって血行が悪化するのを防ぎます。

コンドロイチンには優れた保水能力があります。
体内に十分な保水機能があれば、熱中症による脱水症状を防ぐことも可能です。
コンドロイチンは血管内の血流をスムーズにします。
これによって熱中症にかかったとしても重症化しにくいのです。

コンドロイチンは熱中症予防に非常に効果的な成分といえます。
コンドロイチンは体内の各器官で水分を蓄え保持するため、体内の水分が失われにくい体質を作ります。
熱中症予防にはコンドロイチン摂取が不可欠です。
コンドロイチンを積極的に摂取し、水分補給とともにバランスの良い食事と適度な塩分補給も心がけましょう。