美容効果

コンドロイチンでみずみずしいお肌

皮膚の老化とコンドロイチン
コンドロイチン硫酸を摂取し始めると、真っ先に肌に変化があらわれます。
「肌がみずみずしくなった」「ハリが出てきた」「くすみが消えた」といった肌の変化ですが、これはコンドロイチンを補充したことで、健康な素肌がよみがえったことを示します。

皮膚のしくみとコンドロイチンの役割
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されています。
この皮膚の本体である「真皮」は3層の真ん中に位置しており、この真皮の約70%がコラーゲン線維です。
コンドロイチン硫酸は、コラーゲン線維のすき間を埋める形で存在します。
真皮内でのコンドロイチン硫酸の役割は、多量の水分を抱え込み、皮膚の水分量を保持することです。

若くて健康な肌は、水分が満ち溢れていて非常にみずみずしいものですが、この「みずみずしさ」を生み出しているのが「コンドロイチン硫酸」なのです。
さらには、真皮の骨組みを形成するコラーゲン線維を正常に保ちます。
コラーゲン線維はハリのある弾力に富んだ肌には不可欠な存在です。

このように、コンドロイチンはみずみずしい肌には欠かせない必要な成分です。
肌の老化を食い止め、みずみずしい肌を維持するためにもコンドロイチンは欠かさず摂取していきましょう。