美容効果

老眼、白内障の症状をコンドロイチンで対策

誰もが避けられない老化の代名詞「老眼」
人は誰でも中高年を迎えると視力が衰え始めます。
目の焦点を合わせる調節能力の低下によって起こる現象です。
これが「老眼」です。

人間の目は、レンズの役目である水晶体が厚みを変化させることでピントを調節しています。遠くを見るときは水晶体が薄くなり、近くを見るときは水晶体が厚くなり自在にピント合わせをしています。
この水晶体の柔軟な伸縮性は、加齢とともに失われていきます。

老眼とコンドロイチン硫酸の深い関係
老眼はコンドロイチン硫酸の減少が深く関わってきます。
コンドロイチン硫酸は水晶体の周囲の筋肉に多量に存在して焦点機能を円滑に進めるための役割を果たしています。
この組織中のコンドロイチン硫酸が不足してしまうと、水晶体の弾力が失われてしまいます。
コンドロイチンが十分に満たされていれば、焦点機能が円滑に進み、若い頃のようなくっきりとした視界を維持することが出来ます。

あらゆる目のトラブルにコンドロイチン硫酸
コンドロイチン硫酸は、老眼をはじめとする白内障、飛蚊症、角膜の濁り、糖尿病性網膜症や眼底黄斑などにも非常に有効です。
コンドロイチン硫酸でいつまでもすっきりした視界を維持したいですね。