美容効果

コンドロイチンとグルコサミンでW効果

グルコサミンとコンドロイチンの強力タッグ
グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも関節の軟骨に作用し、軟骨細胞を活発にする働きがあります。
同じような作用であるため、どちらか一方を摂れば良いのではと考えますがこの2つの成分は「似て非なるもの」であり、コンドロイチンは水分を保持し軟骨が壊れるのを防ぎ、グルコサミンは軟骨を生成します。

グルコサミンが軟骨細胞を活性化し、その細胞にコンドロイチンが栄養を与えるという、コンドロイチンとグルコサミンはお互いに影響し合って助け合いながら効果を発揮するのです。
グルコサミンとコンドロイチンは同じような作用を持ちながら、実は別々の働きをしています。

グルコサミンはアミノ酸の一種で、「プロテオグリカン」という靭帯や軟骨などの大切な成分を作り出しています。
コンドロイチンはこのプロテオグリカンに水分を送り込む性質を持っています。
軟骨は、水分、コラーゲン、プロテオグリカンといった成分で形成されているため、水分を送り込むこの栄養素は必要な成分なのです。

コンドロイチンは、グルコサミンの働きを支える機能を持っているということです。
このような理由から、グルコサミンとコンドロイチンは単体で摂取するよりも同時に摂取することが望ましいのです。